トップページ

厳しい時代だから みんなで支えあって 乗り越える|えんどう英樹 無所属 戸田市議会議員

出陣のご挨拶
2021年1月28日
20210130_街頭演説_下前公園

厳しい時代に立ち向かう、皆様とのお約束

コロナ禍対策

  • 生活困窮者への資金援助と就業支援
  • 生活苦による自殺者根絶のための悩み相談
  • 長引く自粛生活からのDV被害の対応
  • 医療従事者への支援と差別偏見の根絶
  • 高齢者や障がい者などコロナ弱者への対応
  • 避難所における感染症対策
  • 資金繰り支援のための融資制度の充実
  • 就学援助の徹底
  • 児童生徒の健康管理・学習支援
  • 国・県・近隣市との無駄のない連携

議会改革

  • タブレット端末を用いた会議の推進
  • リモートによる会議や視察等の積極的導入
  • 議員定数と報酬の通年見直し
  • 政務活動費の適正な利用の為の戸田市版マニュアルの完成と情報公開
  • 議会基本条例の定期的な見直し
  • 市民・市民活動団体との緊密な情報交換
  • 議員提出条例の積極的提案
  • 費用弁償の在り方の見直し

すぐに実現させること

  • 住宅エリアの道路へのハンプの設置
  • (仮称)小規模事業者振興条例の制定
  • 水害対策(特に河川・彩湖道満・ボートコース周辺)の強化
  • 国保・後期高齢者医療制度の見直し
  • 無作為抽出による市民会議の導入
  • 公共施設更新計画の適正化 (スポーツセンター、戸田第一小等)
  • いじめ第三者委員会の体制・機能充実
  • 犯罪から市民を守る取組み

中長期で実現させること

  • 子ども食堂の全小学校区での展開
  • オリンピックレガシーの有効活用
  • 再生可能エネルギーの市民への普及
  • 市内3駅前の環境整備
  • 新しい生活様式への行政の仕組の転換
  • 両親の離婚による養育費不払いへの対応
  • 不妊治療・出産・育児の負担軽減
  • 自転車のまちづくりの推進
  • 高齢化時代の健康・介護・移動等元気な老後生活への支援
  • SDG'sの理念を活かした市政

20年の議員経験に基づく幅広いネットワークで問題解決

衆議院埼玉第15選挙区(戸田市、蕨市、さいたま市の一部)選出の田中良生代議士は(一社)とだわらび青年会議所の先輩。

衆議院埼玉第15選挙区(戸田市、蕨市、さいたま市の一部)選出の田中良生代議士は(一社)とだわらび青年会議所の先輩。

国政に関してはもちろん、地域の問題についてもフットワーク軽く相談に乗ってくれる頼りなる存在。

国政に関してはもちろん、地域の問題についてもフットワーク軽く相談に乗ってくれる頼りなる存在。

菅原文仁市長とは市議会議員時代からの友人。市政全般にわたり常に連絡を取り合いながら最善の施策を話し合う。コロナ禍にもスピード感のある対応を共に考えている。

菅原文仁市長とは市議会議員時代からの友人。
市政全般にわたり常に連絡を取り合いながら最善の施策を話し合う。
コロナ禍にもスピード感のある対応を共に考えている。

細田善則県議会議員とは青年会議所やロータリークラブを通じての長い友人。県政に限らず、地域の活動を通じた現場視点の意見を吸い上げ、ぶつけ合いながら共に問題解決をしている。

細田善則県議会議員とは青年会議所やロータリークラブを通じての長い友人。
県政に限らず、地域の活動を通じた現場視点の意見を吸い上げ、ぶつけ合いながら共に問題解決をしている。

全国各地、県内各地の地方議員の皆様と積極的に連携を取り、それぞれの課題を勉強し、解決の方法を相談しあっている。地方議員ならではの人生悩みも相談できる貴重な仲間。

全国各地、県内各地の地方議員の皆様と積極的に連携を取り、それぞれの課題を勉強し、解決の方法を相談しあっている。
地方議員ならではの人生悩みも相談できる貴重な仲間。

遠藤英樹の思い

 
戸田市は毎年たくさんの方々が市民となり、 同時に市外に転出していく中で、少しづつ人口が増え、 発展している町です。
つまり他の市よりも、たくさんの人達の人生が行き交う町です。
自分の人生は自分自身の力によってしか前進はさせられません。
しかし、他の誰かの人生と交わり、時にぶつかり合うことで、 より美しく、よりたくましくなると、私は信じます。
戸田市がその最高のステージとして、 これからも選ばれ続ける町にすることが私の『夢』です。
皆さんも一緒に、戸田市で人生の『夢』に近づきましょう!

タイトルとURLをコピーしました